呼吸する星

2015.11.21 | Daily

 

 

冷たい夜空に、星が瞬いている。

 

 

 

冬は苦手だ。
けれど冬の星の瞬きは、寒さを待ちわびたように輝きを増し、

私のこころに迷うことなく光を灯してくれる。

 
今夜も紺碧の空に、繁に星が現れた。
しばらくの間眺めていると、
朧げに、細かな星が増えてゆく。
目が慣れて見えるようになっただけなのだが、

まるで星が次々と産まれているように見えてくる。

 
星の瞬きはまるで呼吸しているようだ。
微かに揺れて、息をしている。
きら、きら、という音のない音がきこえてくる。

 

 
以前「星はいつか死ぬんだよ」と教えてもらった。
星に一生があるなんて、知らなかった。
星が死ぬときは自分の重量に耐えられず爆発し、ブラックホールができ、散らばった水素やヘリウムやガスが融合し、また星が産まれるのだ。
星は死とともに5000万年をかけ、また星の生命を授かる。

 
星たちも、私たちも、ずっと生まれ変わり生きている。

 

 
そうして今見ている星が、私たちと共に生きているということが、奇跡のような気がした。
なんて素晴らしい奇跡なんだろうと。

 
わたしは美しく呼吸する星たちを、眺めた。
飽くことなく、眺めていた。

 

 
きこえますか?
星の囁きを。
きこえますか?
星たちの、囁きを。